学会概要

日本行動医学会(JSBM)とは

日本行動医学会(Japanese Society of Behavioral Medicine)は、日本における行動医学の発展を目的として1992年に創立されました。同年に国際行動医学会(ISBM)の7番目の正規加盟学会となり、現在に至っています。本学会の主な活動は次の通りです。

1.
学術総会を年1回開催します。
2.
国際行動医学会機関誌「International Journal of Behavioral Medicine」(年4回)の編集を分担し、会員全員に無料で配布しています。
3.
学会機関誌「行動医学研究」(年1回)とニューズレター(年2回)を発行しています。
4.
行動医学の教育研修会を定期的に開催しています。

概要

学会名
日本行動医学会
設立
1992年
理事長
野村 忍(早稲田大学人間科学学術院教授)理事長挨拶はこちら
会員数
588名(2014年1月現在)
会誌
行動医学研究 詳細はこちら
事務局
日本行動医学会事務局
事務局長 : 吉内一浩 (東京大学医学部附属病院心療内科)
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル5F
株式会社アクセライト内
TEL : 03-6801-6186    FAX : 03-6801-6091
E-mail : jsbm@accelight.co.jp
学術総会情報
一覧
公式サイトはこちら
学会誌
関連学会情報
日本学術会議 第一部ニューズレター
ページの先頭へ戻る