行動医学の知識と技術で国民の皆さまの健康を守ります

行動医学は、社会文化、心理社会、行動、生物医学に関する知識と技術を集積統合した学際的な学問です。

行動医学の知識と技術は、私たちの健康や疾病の理解だけでなく、疾病の予防、健康の促進、病因の解明、診断、治療、リハビリテーションにも役立てられています。

  • たとえば
  • (1) 心身症、不安障害、気分障害、問題行動などに対する行動療法、認知行動療法、リラクセーションなどによる介入
  • (2) 慢性身体疾患や生活習慣病(糖尿病、高血圧、虚血性心疾患、慢性疼痛など)の治療における援助
  • (3) これらの疾患の予防や健康行動の確立と維持
  • などに適用されています。

行動医学の研究領域も多岐にわたっており、基礎的な脳―身体相関の解明から、臨床診断と治療、さらには疾病予防や健康増進のための公衆衛生活動にまで広がっています。

行動医学は私たちの健康と生活に 深く関わっているのです。
学術総会情報
一覧
公式サイトはこちら
学会誌
関連学会情報
日本学術会議 第一部ニューズレター
ページの先頭へ戻る